toggle
2016-09-18

「あたりまえ」の日常の中に奇跡を感じる方法♪

こんにちは。
あなたの「働く・生きる」を好転させるキャリアコンサルタントの砂川未夏です。

%e3%83%90%e3%83%a910

 

今月もチアダンス、楽しんできました!

 

今年の春から、がんサバイバーの皆さんに誘われて

“ 楽しそう♪ やってみたい♡(^^♪ ”

と思い立って始めました。

 

 

今回の舞台は、リレーフォーライフ@駒沢公園でした^^

 

 

がんと共に生きる私とあなたへエール☆
「Go!Go!Let’s go!Let’s go together!」

ジリジリ照りつける日差しを浴びながら

秋の風を感じながら大空に向かってジャ~ンプ♪

 

両手いっぱいに広げて

” 今を生きる自由 ”をイメージして踊ってきました~☆

 

たくさんの人たちに支えられ、ここまでやってこれました^^

 

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%92

 

この日の私のささやかな喜びは・・・

 

・・・えっと、
本当にささやかなんですけど・・・三つ編み♪
私にとっては、特別なんです^^

 

ウィッグを外しベリーショートを披露してから約1年が経ちました。

髪の毛が少しずつ少しずつ伸びていきました。

そして、今回ヘアメイクさんに

編み込みの三つ編みを結っていただきました♡

 

しみじみ・・・嬉しかった~♪

思わず、子どものようにはしゃいでしまいました( *´艸`)

 

仲間や先生と共に喜びを分かち合えたこともさらに嬉しい^^

 

 

闘病中、

頭や眉、まつ毛という毛はすべて抜け落ちました。

ツルツルの頭皮は帽子で保護して
朝と晩は育毛剤でマサージ。

じっくり育毛してきました。

 

おなかも調子が悪く、

便秘や下痢を繰り返し薬を微調整してコントロールしていきました。

 

味覚もおかしくなり、味がわからない時期もありました。

料理の最後の味付けは家族にしてもらいました。

 

爪は真っ黒になり、見た目で凹まないように

マニュキュアなどでカバーして

手元は、テンションが上がるものを意識しました。

 

手足のしびれがあり、手足に力がはいらず、だるさが残り、

さらに、足はパンパンに浮腫んでお気に入りの靴がすべて入らなくなりました。

足の負担を抑えた歩きやすい靴を購入し

通勤経路を変えて普段より1.5倍の時間をかけてゆっくりと移動しました。

 

周囲のアドバイスを元に、できることを自分のカラダのためにしていき

数カ月単位で、ゆっくりゆっくりと時間の経過と共に回復していきました。

 

そして、できるだけ身体を動かすことで

1回目の治療の時と比べて飛躍的に回復が早まりました。

 

自分のカラダとココロと対話しながら

丁寧に今の状態を知る大切さを実感しています。

 

 

自分のカラダは自分がケアしていく

医療者にお任せではなく、私が管理していく

 

 

今、あたりまえにできていることが

あたりまえにできなかったあの頃

 

それなのに、人って良くも悪くも忘れるんですよね・・・

 

三つ編みした髪を眺めながら

ふと、気づきました^^;

 

何気ない日常はいのちの奇跡でいっぱい♡

 

治療から1年半経過して・・・・

むくみや痛みなく歩けるのが、あたりまえ。

目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ。

手足がしびれずに自由に動くのが、あたりまえ。

食事を味わうことができるのが、あたりまえ。

空気を大きく吸い込み、息ができるのが、あたりまえ。

友達といつでも会えるのが、あたりまえ。

家族が毎日帰ってくるのが、あたりまえ。

毎朝目覚めて日常生活が送れるのが、あたりまえ。

そして・・・

生きているのが、あたりまえ。

生まれてきたのが、あたりまえ。

 

そんな「あたりまえ」に埋もれることができるのも

ある意味、元気になった証拠ですね^^

「あたりまえ」と思えることに感謝の気持ちが溢れてきました☆

 

あなたの日常はいかがでしょう?

 

私が日常に奇跡や感謝を感じるようになった1つの方法は

「自分の呼吸」に意識を向ける時間を作ったことです。

 

忙しい日々の中、ほんの3分でもいいんです。

「自分の呼吸」に意識を向けることからはじめませんか。

 

そうです。

まずは、大きな深呼吸です^^

 

あたりまえのように今動いているあなたの心臓の鼓動を感じながら

ゆ~っくりと大きく吸って、丁寧にはいて・・・深呼吸を繰りかえしてみましょう☆

%e5%b9%b8%e3%81%9b%e3%81%ae%e5%b0%8f%e9%b3%a5

 

ココロが喜ぶこと

カラダが喜ぶこと

それはやがて、あなたのキャリアを創ります♪

 

 

今、カラダとココロはどんな状態ですか?

 

 

限られたいのち

限られた時間

 

 

何を感じていたいですか?

 

今日も読んでいただきありがとうございます☆

%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%8c%e3%81%a8%e3%81%86

 

※リレー・フォー・ライフとは → 詳しくはコチラ

がん征圧を目指し、がん患者や家族、支援者らが夜通し交代で歩き、勇気と希望を分かち合うチャリティーイベントです。

 

1985年、アメリカ人外科医が24時間一人で歩き

「がんは24時間眠らない」

「がん患者は24時間闘っている」

というメッセージを掲げて、がん患者の勇気をたたえたことが始まりとのこと。

 

Save Livesを使命とし、

がんの告知を乗り越え生きていることを祝福し(祝う Celebrate)

旅立った愛する人たちをしのび(しのぶ Remember)

がんに負けない社会を作る(立ち向かう Fight Back)ことを目指すものです。

関連記事