toggle
2016-09-17

キャリアコンサルタントやカウンセラーに向いている人ってどんな人?

こんにちは。

あなたの「働く・生きる」を好転させるキャリアコンサルタントの砂川未夏です。

サポートしている皆さんから

「私って、カウンセラーに向いていますか?」

という質問をよくいただきます。

虹とハート

結論からお伝えしますと
あなたが「人が好き」でしたら、向いています。

 

つまり、
「相手に興味をもって関わる」ことができる
ということです。

 

例えば、ちょっとした知人から
「上司と合わないんです。どうしようかな~って思っています。」
という相談に乗った時、どうしますか?

 

もしあなたが、
「上司との関係が、なんとか解消できるといいな!」
「知人と同じ視点から何ができるだろう…」
「この人の役に立ちたいー!」

と感じるのでしたら、それは

「相手に興味を持って関わることができる」
と言えるのではないでしょうか。

 

「カウンセラーのように人を支える仕事がしたい」
という思いをもって
私とキャリアカウンセリングを行うみなさんは
みな、人への思いやりに溢れています☆

 

しかも、本人にとってごく自然であたりまえなこと

 

でも、自分には何もない…
大したことできなくて…
と自信がない状態であることが多いように感じます。。。

 

その人そのものに興味をもって、さらに丁寧に聴いていくと
本人が気づいていない “ 強み ” がたくさん出てきます^^

 

私には、可能性の塊のようにみえます。

 

じーっくり、話をしていくと “ 強み ” から
さらには その人が “大切にしたいこと” に気づいていかれます。

 

その瞬間を見逃しません!
瞳がイキイキと輝き、自信に満ちた表情に変わるんです☆

 

そこから、強みをどう活かしていくか
着実に踏み出せるよう一緒に作戦を立てていきます^^

 

自分を信じられるとき
自分の可能性に気づいたとき

「やってみよう!」という勇気が沸いてきます☆

 

このプロセスで大切だと感じるのは

目の前にいる方の可能性を誰よりも信じる

そして、もっと大切なのは

『 自分自身の可能性も信じる 』

そこに、相手そして自分を思いやる気持ち
というエッセンスが加わることで
人の可能性はさらに広がるでしょう。

 

「向いているかどうか」
よりも
「あなたがやりたいかどうか」

 

もし自分自身がカウンセラーに向いているかどうか、
悩んでいらっしゃるなら
まずは、ちょっとした一歩を踏み出してはいかがですか?

 

ちなみに・・・

そういう私は、頭で考えてしまって悶々としてしまうタイプでした^^;
そんな私に気づいたので、実際にやってみる機会を増やしました。

 

例えば、
カウンセリングを体験をする。
さらに、実際に学んでみる。そして、友人や家族など身近な人にカウンセリングをしてみる。

やってみることで初めてわかること、感じることって多いんですよ~。
なにより、好きなことは続けられます^^

 

気づいたらもう10年目です^^

あなたは自分のどんな可能性を育みたいですか?

 

今日もごきげんな1日となりますように☆

 

~追伸~

ちなみに、カウンセラーになってみて感じることは、

「カウンセリングスキル」は磨いていくことで
実際のカウンセリングの時だけでなく
職場や家族、友人との人間関係をよりよいものにしたり
取引先との商談にも活かすことができています^^

職業にする、しないに関わらず
仕事でもプライベートでも200%活用できる~♪

それってステキなことだと思いませんか?

これからの時代におススメのスキルだと思っています☆

飛躍

関連記事