toggle
2016-11-16

がん治療で障がいを持った人がキャリアコンサルティングを受けたら…意外な結果に!?(続編)

こんにちは。

あなたの「生きる・働く」を好転させるキャリアコンサルタント砂川未夏です。

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%93

砂川のキャリアコンサルティングを受けて

自らもキャリアコンサルタントを目指すことになったマッチョリーナ清水さん。

 

たった1回の相談でスッキリされ、

来年は、再建手術を終え、キャリコンの資格を取り、

新しい道を切り開いていかれようとしています。

 

前回の記事にて、

キャリアコンサルタントを受けた感想や

今後の抱負を紹介しました  →こちら

 

 

今回はその続編です。

キャリアコンサルティングの ”魅力” について伺ってみました。

そこから、病気や障がいであっても”ただ働く”のではなく

『社会とつながりを持ちながら、やりがいをもって働く』

そのことの大切さをマッチョリーナ清水さんのお話から感じました☆

 

※以下、本人の許可を得て掲載しております。

マッチョリーナ清水さん(男性・50代・舌がん)

キャリアコンサルティングで良かったところは、

もちろん目の前のモヤが晴れたことなのですが、

これはキャリコンが基本的に「未来について考える」ところと、

砂川さんが癌と向き合ってきた実体験から出てくる、

心の底から絞り出すような言葉がとても良かったです。

感銘を受けました。

 

 

マッチョリーナ清水さんの言葉を丁寧にくみ取りながら

私の言葉を重ねていった感覚でしたが、それが心に響いて安堵しました☆

 

 

さらに、キャリアコンサルティングの考え方が心に響いたそうです。

砂川さんから聞いたお話で一番印象に残っているのは、

「外的キャリア・内的キャリア」のお話です。

 

これはある意味

「本当の自分、もう一人の自分」

に出会える深い考え方だと感じました。

 

ですので、第三者とこの話をする場合には、

パンドラの箱になってしまわない様、

事前に信頼関係をしっかりと築くことが大切だと感じました。

 

少し、補足説明をさせていただきますね。

 

キャリアには

「外的キャリア」と「内的キャリア」の2つの考え方があります。

 

 

一般的に「キャリア」といわれるのは、「外的キャリア」のことです。

 

「どこで何の仕事をしている人なのか」

 

業界、職業や役職など名刺に書かれている、目に見えるものです。

 

 

一方、内的キャリアは、

仕事へのやりがい、仕事観、自分にとっての働く意義など、目に見えないものです。

 

「自分にとって働くとは何か」

「何にやりがいを感じるのか」

 

 

人生を通じて、仕事はずっと続けていきますが、

この先、何が起きるか分かりません。

 

病気や障がいなど、突然思いもよらないことが起きることもあります。

 

このように何かしら、変化が起きたときでも、

この「内的キャリア」の部分を明確にすることで

働き続けるための方策を考えていくことができます。

 

 

ですから、

私は、いつも「内的キャリア」を意識してお話を聴いているんです。

 

そこに、キラリと光る“その人らしさ”が見えてきます☆

 

 

そして、キャリアコンサルティングを初めて体験いただいた彼に

キャリアコンサルティングをどんな人に受けてもらいたいか聞いてみました。

 

 

本来であれば、部下を持つ管理職全員が取るべき資格かと思います。

ただ、僕が目指していることを考えると、

逆に働く意欲と体力がある障がい者・難病者・がんサバイバー

是非受けてもらいたいと思います。

 

キャリアコンサルタントの必要性を感じていただき

本当に嬉しいです☆

 

 

最近、がんサバイバーの方や医療関係者の方々が、

キャリアコンサルティングに関心を持っていただくことが増えています。

 

 

私も、がんになったことで、多くの方に支えられることに気づきました。

それと同時に、支えられた自分が

「次は、誰かを支えたい」と自然に思うようになりました。

その連鎖に希望を感じます。

 

 

さらに、その方が目指している方向へ向かうプロセスの中で

キャリアコンサルティングの資格は有効!

と感じられ、勉強される方が次々に現れるようになり、心強く思います。

 

 

誰もが自分らしく働ける社会へ

その一助となる希望の光を感じます。

 

 

人の可能性を引き出すのは人です

 

 

でも、最初は、たわいもない会話から。

 

 

いきなり、あなたはどうしたいの?

なんていう話をされても困りますからね。

 

とはいっても、

何から話せばいいのやら…

って、思いませんか?

 

 

 

だからこそ、

あなたのことを否定する人は誰もいない安心の空間で、

あなたと同じようにがんを経験された方同士で

これからの「働き方」について一緒に考えませんか?

 

 

あなたの小さな一歩が、

あなたの未来を創ります

 

 

そろそろ“未来への準備”を一緒にしていきましょう☆

 

 

12月4日(日)にプチ☆キャリアセミナーを開催します。

 

 

よかったら遊びに来てくださいね。

今日もステキな1日となりますように☆

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

【残席1名!】

~がん経験者のためのプチ☆キャリアセミナー~

 

治療が終わり気づけば、仕事に追われる日々…

あれ?このままでいいの?なんか違う気がする…

そんな、がん経験者のあなたへ

 

あなたの ”いのち ”を

どう使うか一緒に考えてみませんか?

 

2つのがんを経験した砂川の赤裸々な体験談から

「あなたらしさで納得&充実の働き方をつくる2つのチェックポイント」

をお話します。

 

それは、きっとあなたの仕事や働き方だけでなく

これからの生き方にも生すことのできるキッカケとなるでしょう。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%af%ef%bc%93

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

関連記事